インフルエンザ

インフルエンザの予防接種

 

当院では、例年10月中にインフルエンザワクチンの予防接種の開始を考えております。

東京では、インフルエンザは毎年、12月から1月に流行のピークを迎えます。インフルエンザワクチンは摂取してから約2週間後に効果を現しはじめ、その効果の持続期間は3〜5ヶ月程度とされています。流行がはじまる前に予防効果を得て、ピーク時まで持続させるためには11月中までに接種を受けるようおすすめしています。

接種開始日

10月XX日よりワクチン接種を開始します。予約制ですので、まずは電話でお問い合わせください。

当院の予防接種に対する配慮

感染予防

注射で使用する容器や針は、全て使い捨てのディスポーザブル製品を使用しています。患者さんごとに1回使い切りで廃棄しますので、感染を起こす心配がなく、安心して予防接種を受けていただけます。

注意事項

下記の内容に該当する場合、当日の接種ができません。あらかじめご了承ください。

  • 当日の体温が37.5度以上の方
  • 当日、体調不良の方
  • 過去に、インフルエンザの予防接種でアレルギー反応が出た方

ご来院時の注意点

予防接種を受ける場合、予約時間の15分前までにご来院ください。
注射は上腕に行います。腕を出しやすい服装でいらしてください。
未成年の方の接種では、保護者の方の付き添いが必要です。

インフルエンザワクチン接種のポイント

毎年受けましょう

インフルエンザウイルスは変異しやすいこともあり、毎年厚生省の指導のもと、流行を予想したワクチンが作られています。このため、インフルエンザ予防接種を毎年受ける必要があります。またインフルエンザワクチン自体の効果も3〜5ヶ月程度しか持続しないと言われています。

インフルエンザワクチンの4価とは

インフルエンザは毎年、異なる型が流行するため、ワクチンはA型株(H1N1株・H3N2株)とB型株(山形系統株とビクトリア系統株)の4種類に対応できるよう作られています。4価は、4種類のウイルス株を培養して作られていることを表しています。

予防接種の効果

インフルエンザワクチン接種によってある程発症を予防できますが、インフルエンザにならないというわけではありません。ただしワクチン接種を受けて抗体ができていれば、発症した場合も重症化して肺炎や脳症を合併するリスクを軽減することができます。

インフルエンザに関するQ&Aが厚生労働省サイトにも掲載されています。下記をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

TOPへ